wadaxでwordpressインストール。

2012年7月12日

wadaxでwordpressをインストールする機会があったので、メモ。。

sv113以前のサーバーだとMySQLのバージョンがwordpress3.1移行に対応していないので
新サーバーに引っ越さなくてはならない。

引っ越すのは、コンパネからポチっとではなく、サーバーに引越しの申請が必要。
申し込みして約1日。

次の日、インスト―ルしようと思ったら、新サーバーに引越しなので、
そもそもコンパネのURL自体も違うのを見落としていて、DBを古いまま使用していて
WPがインストールできない状況が変わらず。

朝メールでお問い合わせしたものの、返答が夜の22時になってた。
遅くまでお疲れ様でーす。とかいってる場合でもない。

次の日、メールで来てた返答を見てみると、
FTP接続情報、コンパネ、何から何まで新サーバーに変わっていることに気づき、
DBを新サーバーのコンパネから作り、再びインストール作業を進める。

コンパネのURLまで変わるとか盲点だった。

インストールしてみると、今度は管理画面は見えたものの外側が見えない。

格闘すること2時間。
結局サポートに電話することに。

なぜか、index.phpがUPされてなかった。凡ミスです、スミマセンほんとごめんなさい。
まとめてUPしたはずなのにーなぜだー;

そして、wordpress自体のアップデートやプラグインのアップデートも出てくる。
アップデートしようとすると接続情報を聞かれる。

wp-config.phpに下記を追加しちゃう!って思ったんだけど

define('FS_METHOD','direct');

追加してもうまくいかない。

そして、パーミッションでも変更できないとか、色々エラーの嵐。
パーミッションの方はまずはおとなしく、public_htmlフォルダのパーミッションを一時的に707にする。

(インストール等完了したら705にする。)

最終的にサポートが言うには、
wp-config.phpに足すとかより、
接続情報にサーバーのIP入れてユーザーID、PWの入力をすることで
うまくいく場合が多い、とのことでした。

なので、wp-config.phpに追加したものを削除して
おとなしく接続情報を入力する策にしておきました。

ここまでで3日かかりました…。

サポートからやってみないとわからないとか、そんなことまで飛び出す始末で
泣きそうになりました。たしかにそうなんだけども、制御してよ…;

でもサポートに電話すれば解決は早いみたいなので、自分で調べるよりは電話したほうが早いのかな。
サポートが充実してるのが唯一の救いか。。

ひとまず出来たのでホッとしました。。


タグ: ,